コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジアパラリンピック委員会 あじあぱらりんぴっくいいんかいAsia Paralympic Committee

知恵蔵の解説

アジアパラリンピック委員会

2006年11月、クアラルンプールで開催されたフェスピック(FESPIC)大会期間中に、フェスピック連盟(Far East and South Pacific Games for the Disabled)とアジアパラリンピック評議会(Asia Paralympic Council)はそれぞれ解散し、新たな組織アジアパラリンピック委員会として生まれ変わった。フェスピック大会はアジア南太平洋各国の障害者のスポーツ参加を促し、障害者理解や福祉の向上につながる大会として1975年に誕生した。アジアパラリンピック評議会は国際パラリンピック委員会(IPC)の地域統括方策により02年東アジアパラリンピック委員会として設立された(04年にアジアパラリンピック評議会と改称)。アジア地域の統合団体は1つに集約されるべきとの考えから、両団体が一本化され、アジア地域での障害者スポーツの開発普及を継続していくことが04年5月に合意されていた。なお、フェスピック大会は75年の大分大会から06年のクアラルンプール大会まで9回開催され、アジア・南太平洋地域の障害者スポーツの発展に大きな役割を果たしてきた。

(藤田紀昭 日本福祉大学教授 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

アジアパラリンピック委員会の関連キーワードアジアパラ競技大会

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android