福祉(読み)ふくし

精選版 日本国語大辞典「福祉」の解説

ふく‐し【福祉】

〘名〙 (「し」は「祉」の慣用音) 幸福。さいわい。現代では、特に、公的配慮による、社会の成員の物的・経済的な充足をいう。
※宝覚真空禅師録(1346)乾・山城州西山西禅寺語録「奉為建寺檀那雲岩禅門、用増福祉
※厚生新編(1811‐39)七「皆人類万物の霊長をして健康無恙の福祉(フクシ)を得てその天年を終らしめんがためのみ」 〔易林‐履之〕

ふく‐ち【福祉】

〘名〙 (「ち」は「祉」の正音、「し」は慣用音) ⇒ふくし(福祉)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「福祉」の解説

ふく‐し【福祉】

《「し」は「祉」の慣用音。》公的な配慮・サービスによって社会の成員が等しく受けることのできる充足や安心。幸福な生活環境を公的扶助よって作り出そうとすること。「公共福祉」「福祉事業」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android