福祉(読み)フクシ

  • ふくち

大辞林 第三版の解説

の慣用音。は幸福の意
幸福。特に、社会の構成員に等しくもたらされるべき幸福。 公共の- 社会- -事業
ふくし福祉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「し」は「祉」の慣用音) 幸福。さいわい。現代では、特に、公的配慮による、社会の成員の物的・経済的な充足をいう。
※宝覚真空禅師録(1346)乾・山城州西山西禅寺語録「奉為建寺檀那雲岩禅門、用増福祉
※厚生新編(1811‐39)七「皆人類万物の霊長をして健康無恙の福祉(フクシ)を得てその天年を終らしめんがためのみ」 〔易林‐履之〕
〘名〙 (「ち」は「祉」の正音、「し」は慣用音) ⇒ふくし(福祉)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福祉の関連情報