発展(読み)はってん

精選版 日本国語大辞典「発展」の解説

はっ‐てん【発展】

〘名〙
① 物事が進み、ひろがっていくこと。より低い状態から、より高く、より完全に、より分化し、より豊かに、より複雑になっていくこと。勢いや力などが伸びてひろがること。盛んになること。
※一年有半(1901)〈中江兆民〉附録「我邦憲政の発展は、所謂上之れを援き下之れを推したるの効にして」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一一「個性の発展といふのは個性の自由と云ふ意味だらう」
② 異性関係や酒などに耽って遊び歩くこと。〔現代新語辞典(1919)〕
※金色青春譜(1936)〈獅子文六〉ガッチリ「御卒業の時ですが、あの時はだいぶ御発展(ごハッテン)で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「発展」の解説

はっ‐てん【発展】

[名](スル)
物事の勢いなどが伸び広がって盛んになること。物事が、より進んだ段階に移っていくこと。「経済が発展する」「大事件に発展する」
色事や遊蕩(ゆうとう)において、積極的に活動すること。「だいぶご発展のようですね」
発達[用法]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の発展の言及

【進歩】より

…〈進歩〉とは,たんに物体の位置の移動としての〈運動〉とも,物質の状態の変質としての〈変化〉とも異なる。また内蔵された要素のより複雑な展開としての〈発展〉とも異なる。進歩とは,そういった前進運動であるとともに,より高次の状態への価値的な向上を,つまり漸次よくなっていくことを指す。…

※「発展」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android