コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジア通貨単位 あじあつうかたんい Asian Currency Unit

3件 の用語解説(アジア通貨単位の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

アジア通貨単位

ASEAN(東南アジア諸国連合)と日中韓の計13カ国(ASEAN+3)の通貨に各国の経済力や貿易額を反映した加重平均値を算出し、為替管理役立てる指標。欧州共通通貨ユーロの前身、「欧州通貨単位(ECU=エキュー)」がモデルで、略称はACU(アキュー)。アジア諸国の通貨は円や元を除きドルとの強い連動性がみられるが、ドルの不安定化でアジアの為替が不安定化することを防ぐのを目的とする。日本が主導しアジア開発銀行(ADB)で共同研究している。ただ、ACUの先にアジア通貨統合があるのではないかとの思いがつきまとうだけでなく、ACUによって自国の金融・財政政策が他国によって束縛されるとの懸念をもつ財政当局者が多く、実現までには曲折が予想される。

(片山裕 神戸大学教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アジア‐つうかたんい〔‐ツウクワタンヰ〕【アジア通貨単位】

アジア開発銀行が2007年3月から公表している、東南アジア諸国連合10か国と日本・中国・韓国の通貨の加重平均値。組み込み比率を参加各国のGDPや貿易額を参考に決める、数字上の共通通貨に相当するもの。為替管理の指標となる。ドル依存からの脱却を図り、アジア地域での資金調達を容易にすることをめざす。ACU(アキュー)(Asian Currency Unit)。AMU(Asian Monetary Unit)。→エキュー(ECU)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

アジアつうかたんい【アジア通貨単位】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アジア通貨単位の関連キーワード東南アジア開発閣僚会議ACUCLMVFTA(Free Trade Agreement)SEAFDEC(シーフデック)アジア通貨単位(ACU=アキュ)ミャンマーと東南アジア諸国連合(ASEAN)東アジアサミット(EAS)東南アジア諸国連合(ASEAN)アジア欧州会議(ASEM)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アジア通貨単位の関連情報