コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジア通貨単位 あじあつうかたんいAsian Currency Unit

3件 の用語解説(アジア通貨単位の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

アジア通貨単位

ASEAN(東南アジア諸国連合)と日中韓の計13カ国(ASEAN+3)の通貨に各国の経済力や貿易額を反映した加重平均値を算出し、為替管理役立てる指標。欧州共通通貨ユーロの前身、「欧州通貨単位(ECU=エキュー)」がモデルで、略称はACU(アキュー)。アジア諸国の通貨は円や元を除きドルとの強い連動性がみられるが、ドルの不安定化でアジアの為替が不安定化することを防ぐのを目的とする。日本が主導しアジア開発銀行(ADB)で共同研究している。ただ、ACUの先にアジア通貨統合があるのではないかとの思いがつきまとうだけでなく、ACUによって自国の金融・財政政策が他国によって束縛されるとの懸念をもつ財政当局者が多く、実現までには曲折が予想される。

(片山裕 神戸大学教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アジア‐つうかたんい〔‐ツウクワタンヰ〕【アジア通貨単位】

アジア開発銀行が2007年3月から公表している、東南アジア諸国連合10か国と日本・中国・韓国の通貨の加重平均値。組み込み比率を参加各国のGDPや貿易額を参考に決める、数字上の共通通貨に相当するもの。為替管理の指標となる。ドル依存からの脱却を図り、アジア地域での資金調達を容易にすることをめざす。ACU(アキュー)(Asian Currency Unit)。AMU(Asian Monetary Unit)。→エキュー(ECU)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

アジアつうかたんい【アジア通貨単位】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

アジア通貨単位の関連キーワードASEAN東アジア地域包括的経済連携東南アジア諸国連合ASEAN自由貿易協定FTA経済連携協定EPAチェンマイ・イニシアチブRCEP

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アジア通貨単位の関連情報