コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスカニウス アスカニウス Ascanius

1件 の用語解説(アスカニウスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アスカニウス
アスカニウス
Ascanius

古代ローマの伝説上の人物。アエネアスの息子でアルバ・ロンガの建設者。母はトロイのクレウーサで父に伴われてイタリアに来たとも,イタリアでラビニアを母として生まれたとも伝えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアスカニウスの言及

【アエネアス】より

…トロイア陥落後の話はラテン詩人ウェルギリウスの《アエネーイス》にひきつがれた。それによれば,父と家の守り神を背負い,一子アスカニウスAscaniusの手を引いて都を落ちた彼は,多数のトロイア人を率いて航海に出,シチリア島で父を亡くしたあと,漂着したカルタゴでは女王ディドの恋人となるが,やがて彼女を見捨ててイタリアに上陸,ラウィニウムを建設したという。のちアスカニウスはアルバ・ロンガを建設し,その子孫ロムルスがローマの建国者となった。…

※「アスカニウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アスカニウスの関連キーワードアイネイアスアエネイスラウィニウムアエネアス儀狄古代ローマの航跡をたどれディドとエネアスアエネーイスエウアンデルルクレティア

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone