コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

息子 むすこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

息子
むすこ

小山内薫の戯曲。 1922年発表。 23年初演。 H.チャピンの『父をたずねるオーガスタス』を翻案した一幕物で,作者の作品中最も上演回数の多い戯曲の一つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

息子

1991年公開の日本映画。監督・脚本:山田洋次、原作:椎名誠、脚本:朝間義隆、撮影:高羽哲夫。出演:三國連太郎永瀬正敏和久井映見原田美枝子田中隆三浅田美代子、山口良一、浅利香津代ほか。第65回キネマ旬報ベスト・テンの日本映画ベスト・ワン作品。第15回日本アカデミー賞最優秀作品賞、最優秀主演男優賞(三國連太郎)、最優秀助演男優賞(永瀬正敏)、最優秀助演女優賞(和久井映見)受賞。第46回毎日映画コンクール日本映画大賞、日本映画ファン賞、監督賞、撮影賞ほか受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むすこ【息子】

戯曲。1幕。小山内薫作。1922年7月《三田文学》に発表。翌23年3月東京帝国劇場初演。金次郎を6世尾上菊五郎,捕吏を13世守田勘弥,火の番の老爺を4世尾上松助。アイルランドの作家ハロルド・チャピンの《父を探すオーガスタス》を翻案,江戸の世界に移した。雪の夜,江戸の境の火の番小屋。9年の放浪生活から江戸へ戻ったお尋ね者の金次郎は,身を寄せるところもなく小屋の戸をたたく。火の番の老爺も同じ年ごろの息子を持つ身とて,身の上を話しあううちに金次郎は自分の親父と気づく。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

むすこ【息子】

〔「産す子」の意〕
親にとって、男の子供。子息しそく。せがれ。 ↔
俗に、陰茎。せがれ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

息子
むすこ

小山内薫(おさないかおる)の戯曲。一幕。1922年(大正11)7月『三田(みた)文学』に発表。翌年3月、6世尾上(おのえ)菊五郎の息子、4世尾上松助の老爺(ろうや)、13世守田勘弥(かんや)の捕吏により帝国劇場で初演。徳川末期の江戸の入り口、雪の降りしきる師走(しわす)の夜半過ぎの火の番小屋。土間で焚火(たきび)をする老爺のところに若い男が現れて話しかける。彼は9年前に家を出て上方(かみがた)に行き、いまや御尋ね者となった息子の金次郎である。老爺は暗がりでそれとは気づかず、なにくれとめんどうをみて、話を続ける。しかし、ようすをうかがっていた捕吏に悟られ、遠く呼笛(よびこ)の行き交うなか、「ちゃん」の一声を残して消え去る。イギリスのハロルド・チャピンの『父を捜すオーガスタス』の翻案だが、完全に日本化された一幕劇の傑作で、アマチュア演劇でもたびたび上演されている。[大島 勉]
『『息子』(『未来劇場上演用台本シリーズ〔1〕』1978・未来社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

息子の関連キーワードユリア・ソアエミアス・バッシアナフリードリヒ[3世]魔法使いとその弟子ネーティブ・サン海へ騎りゆく人々読経しちゃうぞ!ユリア・ママエアナポレオン2世アタノドロス愛想を尽かす御坊ちゃんエピゴノイさんすくみ心を痛める鼻が高い苦に病む夢を託す銀ギセル御子息御令息

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

息子の関連情報