コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アタパルジャイト attapulgite

岩石学辞典の解説

アタパルジャイト

モンモリロナイトを含む白土.近年ではこの名称は(Mg, Al)2Si4O10(OH)・6H2Oの鎖構造をもつ粘土鉱物に用いられ,かなりの量のAlがMgを置換している[Lapparent : 1935, Kerr : 1937].パリゴルスカイト(palygorskite)と同義.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone