コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンモリロナイト montmorillonite

翻訳|montmorillonite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンモリロナイト
montmorillonite

粘土鉱物の一種。 (Na,Ca)0.3(Al,Mg,Fe3+,Li)2~3(Si,Al)4O10(OH)2nH2O 。ベントナイトの主成分鉱物。単斜晶系。比重2~3,硬度1~2。白,黄,緑色など。3層構造で層間に水をもち,100~200℃で層間水が脱水する。火山岩やその凝灰岩,特に天然ガラスは風化してモンモリロナイトになりやすい。電子顕微鏡では形のはっきりしない板状の結晶。層間に水を取入れ著しく膨潤する性質があり,イオン交換性が高い。含水量 150%で粘着力を生じ,約 450%の含水量で粘着力を失い,また内部摩擦抵抗が小さいことなど特殊な性質を示す粘土で,地すべりはモンモリロナイトが多いところに起りやすい。石油井を掘進するときに用いる泥水,鋳物砂型の結合剤,肥料分を吸着させるための客土などに用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

モンモリロナイト(montmorillonite)

アルミニウムの含水珪酸塩(けいさんえん)を主成分とする粘土鉱物。凝灰岩などの風化で生じ、白ないし灰色の粉末の塊。水を吸収して膨潤し、またイオン交換性が高い。酸性を示すものは酸性白土とよばれる。ベントナイトの主な構成鉱物。砂型鋳造・増量剤などに利用。モンモリロン石

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

モンモリロナイト

(図)なる組成をもつ粘土鉱物。単斜晶系。硬度1〜2,比重2〜3。白,黄または緑色。層状の結晶格子の間に水などの液体をとり入れて膨潤する。陽イオン交換性顕著。岩石中の長石の分解物,凝灰岩の風化産物として生じる。
→関連項目酸性白土レグール

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モンモリロナイト【montmorillonite】

モンモリロン石とも呼ぶ粘土鉱物の一種で水により膨潤する性質(原体積の7~10倍)が特徴。ベントナイトの主要構成鉱物である。スメクタイトsmectiteとも呼ばれる。化学成分X0.66Y6Z8O20(OH)4・2H2O,X:1/2Ca,Na,Y:Al,Mg,Fe3+,Z:Si,Alで示され多種類の種がこれに属する。単斜晶系に属する層状構造の微細葉片状結晶。電子顕微鏡下に薄板状の形態が明らかにされるが,通常は粘土状または塊状集合体をなす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

モンモリロナイト【montmorillonite】

粘土鉱物の一。アルミニウムの含水ケイ酸塩で、単斜晶系。微細粉末の土塊状。色は白・黄・青・緑・紅など多様。イオン交換性に優れ、また膨潤性が著しい。凝灰岩(または流紋岩)の風化生成物で、地すべり地の土壌に含まれる。モンモリロン石。 → ベントナイト

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モンモリロナイト
もんもりろないと

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

モンモリロナイトの関連キーワードブラック・コットン・ソイルドウビッソナイトアタパルジャイト変質作用[母岩]石鹸石・石鹼石アロフェノイドアスカングリナ混合層粘土鉱物ダウニアライトルシアナイトシモリアン土水素化分解法イオン交換体サポナイトナルチキン地熱変質帯酸性土壌フラー土土壌鉱物砂型鋳造

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モンモリロナイトの関連情報