アドミラル・グズネツオフ(読み)アドミラルグズネツオフ(英語表記)Admiral Kuznetsov

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アドミラル・グズネツオフ
アドミラルグズネツオフ
Admiral Kuznetsov

ソ連が初めて建造した通常航空機の運用ができる本格的な大型空母。正式名称は Admiral Flota Sovetskogo Soyuza Kuznetsov (ソ連邦海軍元帥クズネツオフ) 。排水量6万 7500t,全長 304.5m,幅 70.3m,喫水 11m,推進機関は蒸気タービン4機で 20万馬力,速力 30ノットといわれている。固定翼搭載機は艦載型の Su-27Kを 24機,そのほかにカモフ Ka-27ヘリコプタを 14~18機搭載するとみられる。固定兵装は空母単独でも戦闘が可能であるように設計されているために重武装で,SA-N-11短 SAM発射基を組合せたものを8セット,対艦ミサイルとして VLSに SS-N-19シップレック SSMを 12発,さらに RBU-12000対戦ロケット発射基を2基搭載している。現在はロシア海軍北洋艦隊に所属している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android