戦闘(読み)せんとう

精選版 日本国語大辞典「戦闘」の解説

せん‐とう【戦闘】

〘名〙 たたかい。いくさ。特に、作戦の個々の場面で、攻撃、防御、追撃などを行なうこと。また、その行動。
※塵袋(1264‐88頃)八「大刀の中に霊劔二あり、〈略〉一をば三公戦闘の劔と名く」
※読本・唐錦(1780)一「海内戦闘(セントウ)ならざる地もなく」 〔春秋左伝‐昭公二五年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「戦闘」の解説

せん‐とう【戦闘】

[名](スル)たたかうこと。特に、兵力を用いて敵に対し、攻撃・防御などの行動をとること。「戦闘を交える」「前線で激しく戦闘する」
[類語]戦う有事戦時非常時乱世事変革命戦争非常いくさたたか戦役せんえきえきへい兵馬へいば兵戈へいか干戈かんか会戦合戦かっせん交戦戦火兵火戦乱兵乱戦雲戦塵せんじん戦禍せんか大戦争う渡り合う切り結ぶ一戦を交える砲火を交える兵刃へいじんを交える干戈かんかを交える

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「戦闘」の解説

【戦闘】せんとう

戦い。〔左伝、昭二十五年〕に哭泣り、樂に歌り。喜に施舍り、に戰り。

字通「戦」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の戦闘の言及

【合戦】より

…複数の兵士が戦闘をまじえること。その戦闘法はさまざまで,戦闘時刻により夜討・朝駆・昼討と呼ばれるもの,また地勢によっては平場合戦・山城攻め・船軍などの別,さらに武器によって矢軍・鉄砲軍など,ほかに攻撃法により水攻め・火攻め・兵糧攻めなど種々のものがあった。…

※「戦闘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android