アニタ・シングス・ザ・モスト

デジタル大辞泉プラスの解説

アニタ・シングス・ザ・モスト

ジャズ・シンガー、アニタ・オデイの1956年録音のジャズ・アルバム。Verveレーベル。オスカー・ピーターソン、ハーブ・エリス、レイ・ブラウンらのコンボをバックにした作品。原題《Anita Sings the Most》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android