コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アニタ・シングス・ザ・モスト

デジタル大辞泉プラスの解説

アニタ・シングス・ザ・モスト

ジャズ・シンガー、アニタ・オデイの1956年録音のジャズ・アルバム。Verveレーベル。オスカー・ピーターソン、ハーブ・エリス、レイ・ブラウンらのコンボをバックにした作品。原題《Anita Sings the Most》。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android