コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アニルッダ アニルッダAniruddha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アニルッダ
Aniruddha

16世紀頃のインドの哲学者。『サーンキャ・スートラ』に対し,"Aniruddhavṛtti"という注釈を著わした。

アニルッダ
Aniruddha

インド神話において,プラディユムナから生じ,ブラフマーを産んだといわれる神の名。アニルッダは宇宙的自我意識 (→アハンカーラ ) であるとされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のアニルッダの言及

【十大弟子】より

…辺地では5人の師しかいなくても授戒する許可を仏から得た。(7)阿那律(あなりつ) サンスクリット語でアニルッダAniruddha。天眼第一。…

※「アニルッダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アニルッダの関連キーワードサーンキヤ学派阿那律

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android