コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

注釈/註釈 チュウシャク

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐しゃく【注釈/×註釈】

[名](スル)語句の意味や用法を解説したり、補足的な説明を加えたりすること。また、その説明。「専門用語を―する」「―書」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

注釈

コメント」のページをご覧ください。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

注釈

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

世界大百科事典内の注釈/註釈の言及

【注釈学派】より

…11世紀末ないし12世紀初頭,北イタリアのボローニャでローマ法大全の全体,なかでもその最も浩瀚かつ重要な部分である〈学説彙纂〉が学問的に再発見されることになった(いわゆる〈ローマ法(学)の復活〉)が,ここに成立したローマ法の研究・教育の学派が注釈学派(ボローニャ学派ともいう)である。彼らにとってローマ法大全は神意の発現たる法真理そのものの表示(〈書かれた理性〉)として権威的なテキストであり,その配列順に法文に分析的釈義(〈注釈glossae〉)を施していくことが中心課題となった。…

※「注釈/註釈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

注釈/註釈の関連キーワードバーチャスパティミシュラグロッサトーレンテミスティオスバイダーウィーアックルシウスアノテーションコンメンタールイルネリウス徒然草文段抄源氏物語奥入日本書紀通釈華厳経探玄記コメンタリー竹取翁物語解後期注釈学派日本書紀通証ドナトゥス箋注・箋註新注・新註万葉代匠記

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android