哲学者(読み)テツガクシャ

デジタル大辞泉の解説

てつがく‐しゃ【哲学者】

哲学を研究する学者。
[補説]曲名別項。→哲学者

てつがくしゃ【哲学者】[曲名]

《原題、〈ドイツ〉Der Philosophハイドンの交響曲第22番変ホ長調の通称。1764年作曲。通称は第1楽章の内省的・瞑想的な楽想に由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

哲学者

オーストリアの作曲家ヨーゼフ・ハイドンの交響曲第22番(1764)。原題《Der Philosoph》。名称は第1楽章の楽想に由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

てつがくしゃ【哲学者】

哲学を専門に研究する人。また、哲学的な人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てつがく‐しゃ【哲学者】

〘名〙
哲学の研究をする学者。哲学家。
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉一一「哲学者(テツガクシャ)の片腕となりて、真理を拾ひだす」
② (比喩的に) 現実ばなれした考えをもつ人。また、深刻ぶったりする人。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

哲学者の関連情報