哲学者(読み)テツガクシャ

デジタル大辞泉の解説

てつがく‐しゃ【哲学者】

哲学を研究する学者。
[補説]曲名別項。→哲学者

てつがくしゃ【哲学者】[曲名]

《原題、〈ドイツ〉Der Philosophハイドンの交響曲第22番変ホ長調の通称。1764年作曲。通称は第1楽章の内省的・瞑想的な楽想に由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

哲学者

オーストリアの作曲家ヨーゼフ・ハイドンの交響曲第22番(1764)。原題《Der Philosoph》。名称は第1楽章の楽想に由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

てつがくしゃ【哲学者】

哲学を専門に研究する人。また、哲学的な人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

哲学者の関連情報