哲学者(読み)てつがくしゃ

精選版 日本国語大辞典「哲学者」の解説

てつがく‐しゃ【哲学者】

〘名〙
哲学の研究をする学者。哲学家。
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉一一「哲学者(テツガクシャ)片腕となりて、真理を拾ひだす」
② (比喩的に) 現実ばなれした考えをもつ人。また、深刻ぶったりする人。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「哲学者」の解説

てつがくしゃ【哲学者】[曲名]

《原題、〈ドイツDer Philosophハイドンの交響曲第22番変ホ長調の通称。1764年作曲。通称は第1楽章の内省的・瞑想的な楽想に由来する。

てつがく‐しゃ【哲学者】

哲学を研究する学者。
[補説]曲名別項。→哲学者

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android