哲学者(読み)てつがくしゃ

精選版 日本国語大辞典 「哲学者」の意味・読み・例文・類語

てつがく‐しゃ【哲学者】

〘名〙
哲学研究をする学者。哲学家。
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙一一「哲学者(テツガクシャ)片腕となりて、真理を拾ひだす」
② (比喩的に) 現実ばなれした考えをもつ人。また、深刻ぶったりする人。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「哲学者」の意味・読み・例文・類語

てつがくしゃ【哲学者】[曲名]

原題、〈ドイツDer Philosophハイドン交響曲第22番変ホ長調の通称。1764年作曲。通称は第1楽章の内省的・瞑想的な楽想に由来する。

てつがく‐しゃ【哲学者】

哲学を研究する学者。
[補説]曲名別項。→哲学者

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス 「哲学者」の解説

哲学者

オーストリアの作曲家ヨーゼフ・ハイドンの交響曲第22番(1764)。原題《Der Philosoph》。名称は第1楽章の楽想に由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android