アパラチアン・ダルシマー(読み)アパラチアンダルシマー

百科事典マイペディアの解説

アパラチアン・ダルシマー

米国東部アパラチア山脈地方のツィター属撥弦楽器。マウンテン・ダルシマーmountain dulcimerとも。共鳴胴は細長い瓢箪形。中央に指板があり,ふつう金属弦3本を張り,そのうち1本が旋律弦で残りはドローン(持続音)弦。楽器を膝の上にのせ,左手指または左手に持った小さな棒で旋律弦をフレットに押さえつけ,右手首または右手に持った羽茎やプラスチックのピックで弦をはじく。バラッドなどの伴奏に用いる。ヨーロッパ北部および中央部起源のエピネット・デ・ボージュが,この楽器の祖型

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android