コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフガニスタン・イスラム連合評議会 アフガニスタンイスラムれんごうひょうぎかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフガニスタン・イスラム連合評議会
アフガニスタンイスラムれんごうひょうぎかい

アフガニスタンの親ソ派政権に反対して,国外で反政府武力闘争を展開していたシーア派親イラン8派によりテヘランで結成された組織。実態は必ずしも明らかではない。イスラム統一党,イスラム運動,ナセル機構,イスラム聖戦防衛,イスラム連合戦線,アフガニスタン・イスラム武装機構,アフガニスタン・イスラム抵抗機構,ヒズボラの8派で構成。民族的にはハザラ人が主流。スンニー派のムジャッヒディン・イスラム同盟に比べ,各構成組織が小さい。イスラマバード合意後の新政権発足で指導的役割をになうムジャッヒディン 10派のうち3派を占める。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android