主流(読み)シュリュウ

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐りゅう〔‐リウ〕【主流】

支流が集まってできた、川の大きな流れ。本流。
思想・学問・様式などの中心となる傾向。「現在の世界では自由経済が主流となりつつある」
集団・組織のなかで中心を占める流派・派閥。「主流派と反主流派」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅりゅう【主流】

川・海流などの主な流れ。本流。
その時代の学問・思想などの中心となる流派・傾向。 「実存主義が哲学界の-となる」
ある団体の主導権をもつ多数派。 「党内の-をしめる」 「 -派」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

主流の関連情報