主流(読み)シュリュウ

  • しゅりゅう ‥リウ
  • しゅりゅう〔リウ〕

デジタル大辞泉の解説

支流が集まってできた、川の大きな流れ。本流。
思想・学問・様式などの中心となる傾向。「現在の世界では自由経済が主流となりつつある」
集団・組織のなかで中心を占める流派・派閥。「主流派と反主流派」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

川・海流などの主な流れ。本流。
その時代の学問・思想などの中心となる流派・傾向。 実存主義が哲学界の-となる
ある団体の主導権をもつ多数派。 党内の-をしめる -派

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 川などの流れのうち、最も主たるもの。本流。
② 思想、学術などの中心になっている流派、傾向。主潮。
※森鴎外(1933)〈唐木順三〉二「彼が我国文学史、乃至(ないし)文壇の主流の圏内にあったのは」
③ ある組織、団体内部の活動の中心となっているもの。多数派。
※上海(1928‐31)〈横光利一〉七「材木会社を駈け廻り、その主流が中国人であるかなきかを確め」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

主流の関連情報