主流(読み)しゅりゅう

精選版 日本国語大辞典「主流」の解説

しゅ‐りゅう ‥リウ【主流】

〘名〙
① 川などの流れのうち、最もたるもの。本流
② 思想、学術などの中心になっている流派、傾向。主潮。
※森鴎外(1933)〈唐木順三〉二「彼が我国文学史、乃至(ないし)文壇の主流の圏内にあったのは」
③ ある組織、団体内部の活動の中心となっているもの。多数派。
※上海(1928‐31)〈横光利一〉七「材木会社を駈け廻り、その主流が中国人であるかなきかを確め」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「主流」の解説

しゅ‐りゅう〔‐リウ〕【主流】

支流が集まってできた、川の大きな流れ。本流。
思想・学問・様式などの中心となる傾向。「現在の世界では自由経済が主流となりつつある」
集団・組織のなかで中心を占める流派・派閥。「主流派と反主流派」
[類語]本流直流本格的正式本式正格正しい正則正統正調正規公式格調格式品格品位風格おおやけ公的本物儀礼礼法礼式礼儀風儀作法よそ行き格式張る折り目正しいフォーマル本格本筋まっとう正道本道中正至当合理的合法的押しも押されもせぬれっきとちゃんとまとも道理道理至極腰を入れる本腰本腰を入れるレギュラーオーソドックスプロパー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例