アブドゥル・ジャッバール(英語表記)`Abd al-Jabbār

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブドゥル・ジャッバール
`Abd al-Jabbār

[生]? ハマダーン近郊アサダーバード
[没]1144
ムータジラ派の神学者で,イラン最初のシーア派王朝ブワイフ朝の首席法官であった。ムータジラ神学がアッバース朝の公認神学としての資格を失ってからのちに活躍した,後期ムータジラ神学の代表者として,その神学の発展に貢献し,ムータジラ神学の整理・体系化に功績があった。主著『神学大全』 al-Mughnī fī `uṣūl al-dīn。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android