コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神学大全 シンガクタイゼン

5件 の用語解説(神学大全の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しんがくたいぜん【神学大全】

《原題、〈ラテン〉Summa Theologica》神学書。トマス=アクィナス著。1266~67年刊。神、神と人間との関係、キリストの3部からなり、カトリック神学の体系を完成したもので、アウグスティヌスの「神の国」、カルバンの「基督(キリスト)教綱要」とともに、キリスト教三大古典の一。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しんがくたいぜん【神学大全 Summa theologiae】

トマス・アクイナスの主著。教科書として使用できる,神学(トマスの用語では〈聖教sacra doctrina〉)の簡潔な体系的解説書。〈神学大全〉を書いたスコラ学者はトマスだけではないが,トマスのものがもっとも有名である。神とその創造の業(わざ),もろもろの被造物を考察する第1部,人間がどのように神への道をたどるかを論ずる第2部,および神と人間を仲介するキリストを考察する第3部からなる。神学教授としての経験も積み,思想的にも成熟の度を加えた1266年ころ着手され,死の数ヵ月前(1273年12月6日),未完のまま突然擱筆(かくひつ)するまで書き続けられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しんがくたいぜん【神学大全】

トマス=アクィナスの主著。神学の学としての位置づけ、神の存在認識(存在証明を含む)をはじめ、神と人間の本質・特性および諸徳・秘跡にわたる精細な考察を、整然たる順序で展開する。カトリック神学の集大成。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神学大全
しんがくたいぜん

スンマ・テオロギアエ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神学大全
しんがくたいぜん
Summa Theologiae

中世のスコラ神学トマス・アクィナスの主著。ヨーロッパ中世文化のもっとも輝かしい傑作の一つである。本書はしばしばゴシック大聖堂に例えられるが、これは単なる修飾ではなく、多様な諸部分が相互に秩序と調和を保ちつつ、みえざる超越的な一点へ向かって収斂(しゅうれん)するという根本構造が、両者に共通だからである。トマスの著作意図は、神学教育の経験を生かして、初心者のための教科書を書くことであったが、3部(神・創造論、倫理編、キリスト・秘跡論)からなるこの未完の大作は、神学的観点からの中世学問の集大成である。叙述様式は、中世大学特有の授業形式である「討論」に由来し、構成要素である2669個の「項」はすべて「……であるか?」という問いの形をとる。まず著者自身の立場に反対する最強の異論(通常3個)が提示され、それら異論の間の緊張、矛盾自体が高次の総合へ導く、という探究の構造が認められる。第1部の人間論、第2部の情念論、習慣論、法・正義論など哲学的に興味深い論考のほか、詳細な聖書解釈も含まれている。[稲垣良典]
『高田三郎・山田晶・稲垣良典他訳『神学大全』全37巻(1973~ ・創文社) ▽コプルストン著、稲垣良典訳『トマス・アクィナス』(1962・未来社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の神学大全の言及

【アレクサンデル・ハレンシス】より

…パリ大学で学び,はじめ人文学部の教授となったが,後に神学部の教授となり,慣例を破って講義のテキストとして聖書の代りにペトルス・ロンバルドゥスの《命題論集》を用い,思弁的なスコラ神学の先駆者となった。主著《神学大全》はアリストテレス哲学の全面的な導入以前のフランシスコ学派神学の代表的著作である。【稲垣 良典】。…

【トマス・アクイナス】より

…この時期の思想的成熟に関して特筆すべきはギリシア語に堪能(たんのう)な同僚ムールベーカのギヨームの協力を得て,アリストテレスおよび新プラトン主義哲学の本格的な研究を行ったこと,およびギリシア教父神学の研究に打ち込んだことである。この時期のおもな著作には前記《対異教徒大全》のほか,《定期討論集・神の能力について》や《ディオニュシウス神名論注解》,〈黄金連鎖〉の名で広く知られた《四福音書連続注釈》などがあるが,最も重要なのは彼の主著であり,今日にいたるまで数多くの注解(部分的注解も含め約750)や研究書の対象となってきた《神学大全》である。 68年秋,当時の教皇庁の所在地ビテルボに滞在していたトマスは,ドミニコ会総長の命令によって再度神学部教授に就任するためパリに向かった。…

※「神学大全」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

神学大全の関連キーワードペッカム教科書体検定教科書トマスアクィナス墨塗教科書教科書の日教科書採択アエギディウス・ロマヌスキュドネス・デメトリオストマス・アクイナス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神学大全の関連情報