功績(読み)コウセキ

  • 功績・効カウ績

大辞林 第三版の解説

すぐれた成果。立派な働き。手柄。 社会福祉に-があった

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 国や社会に尽くしたてがら。また、物事をうまくなしとげたてがら。いさお。功業。
※続日本紀‐和銅五年(712)七月甲申「播磨国大目従八位上楽浪河内、勤造正倉。能効功績」 〔春秋左伝‐成公八年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

功績の関連情報