功績(読み)コウセキ

デジタル大辞泉の解説

こう‐せき【功績】

あることを成し遂げた手柄。すぐれた働きや成果。「功績をたたえる」「功績を残す」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうせき【功績】

すぐれた成果。立派な働き。手柄。 「社会福祉に-があった」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐せき【功績・効カウ績】

〘名〙 国や社会に尽くしたてがら。また、物事をうまくなしとげたてがら。いさお。功業
※続日本紀‐和銅五年(712)七月甲申「播磨国大目従八位上楽浪河内、勤造正倉。能効功績」 〔春秋左伝‐成公八年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

功績の関連情報