アメリカンオプション(読み)あめりかんおぷしょん

会計用語キーワード辞典の解説

アメリカンオプション

権利行使期間内であればいつでも行使できるオプションのことをいいます。日本企業が発行しているストックオプションは一定の権利行使期間がありますが、その後の権利行使期間内であればいつでも行使が可能なタイプが多く、ほとんどがアメリカンオプションであるといえます。

出典 (株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について 情報

M&A用語集の解説

アメリカンオプション

権利行使期間内であればいつでも行使できるオプションのこと。日本企業が発行しているストックオプションは一定の権利行使禁止期間があるが、その後の権利行使期間内であればいつでも行使できるタイプが多く、ほとんどがアメリカンオプションである。

出典 株式会社ストライクM&A用語集について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android