コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラコシア Arachosia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラコシア
Arachosia

現在のアフガニスタン南部のカンダハール地方に古代ギリシア人があてた呼称。古代ペルシア語でハラフバティ Harahuvati (サンスクリット語のサラスバティ Sarasvati,すなわち「河川に恵まれた」の意) と呼ばれたヘルマンド川上流域の肥沃なこの地には,早くからインド・イラン語族が定着。アケメネス朝期にはサトラピーが設置され,同朝の東方経営の一つの拠点であった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のアラコシアの言及

【カンダハール】より

…住民の大部分はパシュトゥーンで,用語はパシュトゥー語である。東はパキスタンのクエッタ,北はカーブル,西はヘラートへ,いずれも天然の障害なく通ずる古代以来の交通の要地で,前4世紀にすでに,ギリシア名アラコシアArachōsiaで知られている。商業が盛んで,国際空港もある。…

※「アラコシア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アラコシアの関連キーワードデメトリオス1世[バクトリア]アレクサンドリア(エジプト)アレクサンドリア[古代]バクトリア弁才天

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android