定着(読み)テイチャク

デジタル大辞泉の解説

てい‐ちゃく【定着】

[名](スル)
ある場所や位置に、ぴったりとつくこと。一定の所に落ち着くこと。「従業員が定着しない」
しっかりと根づくこと。人々の間に浸透し、なじむこと。「ファーストフードが定着する」
写真で、現像した画像を安定させるための処理をすること。フィルム印画紙の未感光部分の感光剤を薬品で除去し、再び感光するのを防止する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ていちゃく【定着 fixing】

撮影済みの感光材料を現像した後,感光層中の残存感光物質を除去して画像を安定にする処理のこと。一般の写真,映画で使用するフィルムは黒白写真,カラー写真ともに感光物質としてハロゲン化銀を用いている。カメラ撮影によって露光されたフィルムは還元性有機化合物を含む現像液現像し,感光したハロゲン化銀を銀に還元して画像を作る。現像を終わったフィルムの感光層には銀の画像,カラー写真の場合は銀と色素の画像が作られ,感光しなかったハロゲン化銀もそのまま含まれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ていちゃく【定着】

( 名 ) スル
ある物・場所などにしっかりついて離れないこと。ある場・地位などに落ち着くこと。 「土地に-して暮らす」
新しい文化現象・学説などが当たり前のものとして社会的に認められるようになること。 「週休二日制が-する」
写真で、現像したフィルム・印画紙が再び感光しないように薬品で処理すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てい‐ちゃく【定着】

〘名〙
① きまった場所・地位などにしっかりとつくこと、または、つけること。また、その場にとどまって動かないこと。固定すること。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉五「其画より退ぞき離れ、筆を長条の頭に定着(〈注〉ツケ)し」
※砂の上にて(1952)〈竹山道雄〉「やがて農作時代に入って、人間は特定の地域に定着した」
② 社会一般に認められて定まったものとなること。しっかりとねづくこと。また、周囲になじみ、一体となること。
※女房的文学論(1947)〈平野謙〉「この一節ほど私の考えている自然主義的人間観というものを一種露骨に定着させている文章もめずらしい」
③ 写真で、現像した像が変化しないように処理すること。銀塩写真では、未露光部分のハロゲン化銀を洗い流す操作。電子写真ではトナー(複写機用インク)を熱で融着させること。
※風俗画報‐二五三号(1902)人事門「右液を乾板に定着(テイチャク)せしむ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の定着の言及

【写真】より

…この発明は政府から年金を受ける約束で,39年8月19日にフランス学士院における科学アカデミーと美術アカデミーの合同会議の席上で公表され,この日をもって写真誕生の日とされている。ダゲールは,感光板を現像したのちチオ硫酸ナトリウム水溶液で処理して未感光ヨウ化銀を除去すると画像が変色せずに保存できること,すなわち定着されることも見いだした。ダゲールの方法は,ダゲレオタイプdaguerreo typeと呼ばれ,撮影,現像,定着という今日の写真のプロセスをすべて織り込んでいる写真の原型である。…

※「定着」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

定着の関連情報