アリアラテス3世(読み)アリアラテスさんせい(英語表記)Ariarathēs III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリアラテス3世
アリアラテスさんせい
Ariarathēs III

小アジア東部,カッパドキアの王。在位前 250~220年。父アリアラムネスと共同統治を行なった。セレウコス朝のアンチオコス2世の娘ストラトニケと結婚し,カッパドキア王の銘文をもつ貨幣を発行。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android