コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共同統治 きょうどうとうち

世界大百科事典 第2版の解説

きょうどうとうち【共同統治】

ラテン語でコンドミニウムcondominiumという。もともと神聖ローマ帝国の末期にあらわれた概念である。国際法上は,複数国家が同一地域に主権を共同行使することを意味する。共同統治の先例は多く,その形態も一様ではない。有名なのは,1864‐66年のシュレスウィヒ・ホルシュタインおよびラウエンブルクに対するオーストリアプロイセンのそれ,1909‐18年のボスニアおよびヘルツェゴビナに対するオーストリア,ハンガリーのそれである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

共同統治の関連キーワードプトレマイオス8世エウエルゲテス2世シュレスウィヒ・ホルシュタインウルリーカ・エレオノーラユスティニアヌス[1世]アンティオコス(1世)エーリック(勝利王)ルートウィヒ[1世]ベレンガーリョ2世イサベル[1世]メアリー[2世]カルチマンドゥアヨーゼフ[2世]アリアラテス3世ロタール(1世)スメンクカレーウァレリアヌスジョンストン島マリア[1世]ゴルム[老王]ユリア・ドムナ

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

共同統治の関連情報