銘文(読み)めいもん

精選版 日本国語大辞典「銘文」の解説

めい‐もん【銘文】

〘名〙
※知恩院本上宮聖徳法王帝説(917‐1050頃か)「右法隆寺金堂坐釈迦仏光後銘文如件」
② 銘記すべき文。心にきざんでおくべき文章や文句

めい‐ぶん【銘文】

〘名〙 銘として金石・器物・像などにきざみつけられた文。めいもん。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「銘文」の解説

めいぶん【銘文】

器物に刻したり,書いた文字。器物製作の由来や祈願頌徳の文,製作者や製作年などが記されることが多い。また金属器に刻したものを金文,石に刻したものを石刻または石刻文,両者をまとめて金石文ともいい,銘文といえば金石文を指すように考えられがちである。これは金石に刻したもの以外は滅びやすいために,実見しうる銘文の中では金石文が大部分を占めているからにほかならない。したがって金石文が銘文のすべてではなく,泥板の文字や甲骨の文字なども銘文であり,その他有機物に記されたものでも残る場合がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の銘文の言及

【造像記】より

…造像銘あるいは造像銘記,略して単に銘文ともいう。仏像を例にとれば,その造像の由来を記した銘文をいう。…

※「銘文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android