アルジェンタリオ山(読み)あるじぇんたりおさん(英語表記)Argentario

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルジェンタリオ山
あるじぇんたりおさん
Argentario

イタリア中部、トスカナ州南部に位置し、ティレニア海に突出した岬にある山。標高635メートル。かつては狭い海峡によって本土と切り離されていたが、現在では二つの砂州によって陸続きとなっている。北麓(ほくろく)にはポルト・サント・ステーファノの町がある。[堺 憲一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android