コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂州 さす sandbar

6件 の用語解説(砂州の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

砂州
さす
sandbar

砂嘴 (さし) が延びて潮流の出入口だけを残すか,湾の口をふさぎ対岸へ達した細長い砂礫の堆積地形。砂州によって湾の口が閉ざされると潟となり,潟は海水の出入が少く汽水の時期を経てやがて淡水の湖となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さ‐しゅう〔‐シウ〕【砂州/砂×洲】

さす(砂州)

さ‐す【砂州/砂×洲】

海岸線をやや離れて、海側に細長く砂礫(されき)が堆積(たいせき)してできた地形。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

砂州【さす】

海や湖にたまった砂や礫(れき)が水面に現れた堆積地形の一種で,岸よりやや沖合にできる。一般に細長く,陸との間に潟(かた)をいだくものもある。遠浅の場所で波浪が沖合で砕け,波の力の衰える所に砂が堆積してできる。
→関連項目海岸地形陸繋島

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さす【砂州 sand bar】

岬や湾の出口などの海岸の突出部から,細長く突き出るように延びている砂礫(されき)の細長い高まりを砂嘴(さし)spitといい,砂嘴がさらにのびて湾の対岸や陸地に接するようになった地形を砂州という。海に流入する河川が運搬してきた砂礫や海食崖から生産された砂礫の一部は,沿岸流や沿汀流によって海岸線に沿って運搬され,湾口や陸側にへこんだ海岸に達すると湾口をふさぐような形で堆積して細長く発達する。一般に海側が粗粒な砂礫からなり海浜勾配は急で,内陸側がより細粒な砂礫からなって勾配は緩やかである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

砂州
さす

湾口や入り江の口を閉塞(へいそく)するようにして、沖合いに形成された砂礫(されき)の堆積(たいせき)地形。砂州は通常、海面上にみられるものをいうが、海面下にある場合、とくに海底砂州とよんで区別している。砂嘴(さし)は、陸から沖に突き出して形成される細長い砂浜をいい、これが成長して対岸の陸地や島と連結するに至ると砂州とよばれる。
 砂州は、出現する位置によって、海底砂州、湾口砂州、湾央砂州、湾奥(頭)砂州などとよばれる。砂州のうち、海底砂州は平滑な砂浜海岸の沖の砕波帯付近に1~3列形成され、そのうち、通常の波でできるものは、汀線(ていせん)付近の沿岸底州で、沿岸トラフに隣接して形成される。かなり沖合いにみられる海底砂州の場合は、異常な高波によって形成されたと考えられる。このような海底砂州がしだいに成長して陸地に並行し、細長い州が海面上に現れると沿岸(砂)州とよばれる。この地形をバリアbarrierともよぶ。多くの場合、沿岸州は沿岸流により砂嘴が形成され、それがしだいに発達した場合が多いようである。沿岸州の内側には潟湖(せきこ)がみられ、外海とは一つ以上の潮流口によって連絡していることが多い。
 砂州の高さは、通常、海面上2~3メートル以下であるので、暴浪が越えることもあり、潮流口の位置が変化する場合も多い。しかし、砂州の上に一段高い浜堤や砂丘が発達し、植生によって固定されるようになると、より安定した堆積地形となる。また、海面の低下や地盤の隆起によって離水したものは、海面上10メートルを超すものもある。イギリス南岸のチェシルビーチは、礫(れき)質のものであるがその事例にあたる。鳥取県の山陰海岸の弓ヶ浜や京都府宮津湾の天橋立(あまのはしだて)は、海抜高度はわずかで、離水量の小さい砂州である。[豊島吉則]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の砂州の言及

【海岸】より

…その先端が岸の方向に曲がっていることが多く,また先端が何列かに分かれた分岐砂嘴もある。砂嘴がさらに延びて対岸に接している,あるいは接しそうになっているものを砂州とよび,砂州の位置によって,湾口砂州,湾央砂州,湾頭砂州などとよばれる。宮津湾の天橋立や米子の弓ヶ浜などが湾口砂州の好例である。…

※「砂州」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

砂州の関連キーワード有磯海浦富海岸ギニア湾日南海岸磯海綿出口出口ナオ出鼻旗形外海府・内海府海岸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

砂州の関連情報