アルミノケイ酸塩ガラス(読み)アルミノケイサンエンガラス

  • aluminosilicate glass

化学辞典 第2版の解説

耐熱性ガラス一種アルカリをほとんど含まず,Al2O3を20~30% 含むケイ酸塩ガラス.ガラスの軟化点が高く,化学的耐久性,耐熱衝撃性にすぐれ,直火用の器具,ボイラー用ゲージ,高圧水銀灯各種基板など用途が広い.たとえば,57質量%SiO2,20.5質量%Al2O3,12質量%MgO,5.5質量%CaO,4質量%B2O3,1.0質量%Na2Oのものは,熱膨張率42×10-7 K-1,使用温度672 ℃ で,短時間なら850 ℃ に耐える.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android