コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルカリ alkali

翻訳|alkali

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルカリ
alkali

一般には,その水溶液が強い塩基性を示す化合物のことをいう。たとえばアルカリ金属アルカリ土類金属水酸化物 (水酸化カリウム水酸化ナトリウム水酸化カルシウムなど) ,アルカリ金属の炭酸塩 (炭酸カリウム炭酸ナトリウムなど) ,アンモニアなどがある。これらの水溶液はpHが室温で7以上で,リトマスを青変する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アルカリ(alkali)

《もとアラビア語で、海の草の灰の意》水に溶けて塩基性を示す物質の総称。ふつう、アルカリ金属・アルカリ土類金属の水酸化物をいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アルカリ

水に溶けて強い塩基性を示す物質。アラビア語kali(灰の意)が語源。主としてアルカリ金属,アルカリ土類金属の水酸化物で水に可溶性のものをいい,さらにナトリウムカリウムなどの炭酸塩,リン酸塩,アンモニア,アミンなどを含めることもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

岩石学辞典の解説

アルカリ

化学的にはアルカリ,塩基性物質のことであるが,地球科学の関係では塩の表面風化物の記載に一般的に用いられる語で,塩は地表または直下の地下水の蒸発によって濃集する[Twenhofel : 1932, 1950].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

アルカリ

 水に溶解してOHを生じる物質の総称.例:NH3+H2O&rlarrows;NH4+OH,NaOH&rlarrows;Na+OH

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルカリ【alkali】

水酸化物で水に溶解する物質の総称。古くは陸および海の植物の灰(主成分はそれぞれ炭酸カリウムおよび炭酸ナトリウム)に対する総称(kaliはアラビア語の灰に由来する)で,のちに灰の浸出液のように強い塩基性を示す物質(陸上植物の灰の主成分は炭酸カリウム,海中植物では主成分炭酸ナトリウム)の一般的名称となった。現在では主としてアルカリ金属の水酸化物およびアンモニア,カルシウムやバリウムの水酸化物などをさすが,そのほか炭酸ナトリウム,炭酸カリウム,リン酸ナトリウムなど,水に溶けてアルカリ性を示すものにも広く用いられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アルカリ【alkali】

〔もとアラビア語で「灰」の意〕
〘化〙 水に溶ける塩基の総称。特に、水酸化ナトリウム・水酸化カリウム・水酸化カルシウムなどのアルカリ金属・アルカリ土類金属の水酸化物。水溶液は赤色リトマス試験紙を青色に変える。 〔「亜爾加里」とも当てた〕 →

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルカリ
あるかり
alkali

水酸化物の形式の化合物で、水に溶解する物質の総称。きわめて古い時代、アラビア人は植物の灰(陸の植物では主成分が炭酸カリウム、海の植物では主成分が炭酸ナトリウム)をアルカリとよんでいた。alは冠詞で、kaliは灰の意である。これがその後に一般化され、灰から抽出した物質、およびそれに似た性質、すなわち強い塩基性を示すものをすべてアルカリとよぶようになった。現在では主としてアルカリ金属、アルカリ土類金属の水酸化物で水に溶けるものをさすことが多い。さらに広い意味で、これらのほかにナトリウムやカリウムの炭酸塩、リン酸塩、アンモニア、アミンなどを含めていうこともある。水酸化ナトリウム(カ性ソーダ)NaOH、水酸化カリウム(カ性カリ)KOH、炭酸ナトリウム(洗濯ソーダ)Na2CO310H2Oなどがその例である。[中原勝儼]

アルカリ性とアルカリ性反応

アルカリのもつ性質をアルカリ性という。水溶液が灰汁(あく)のような味をもち、せっけん水のように油脂類を洗浄し、赤色リトマスを青色に変え、水素イオン濃度(pH)7以上で酸を中和する。この語はもともと水酸化カリウムや水酸化ナトリウムなどの強い塩基の性質を示すことばとして用いられてきたが、現在ではさらに広くなって塩基性と同じ意味で用いられている。アルカリ性をもつものの示す反応をアルカリ性反応ということがある。たとえば、色素の色を変えたり、水溶液中から不溶性の金属水酸化物を沈殿させたりするなどがその例である。
 また一般にアルカリ性を示すものを、分類名として「アルカリ――」とよぶことがある(たとえばアルカリ性を示す鉱泉をアルカリ性泉という)が、かならずしもそうではない場合もある。たとえばアルカリ性食品というときは、食品自体がアルカリ性を示すのではなく、その成分のうちの無機質の組成がアルカリ性、すなわちナトリウム、カリウム、カルシウムなど水酸化物となってアルカリ性を示す成分が、塩素、リン、硫黄など酸性をなす成分に比べてモル比で多いような食品をいう。このときのアルカリ性の程度をアルカリ度といい、アルカリ度の高いものをアルカリ性食品、その逆を酸性食品といっている。[中原勝儼]
『岡部泰二郎著『無機プロセス化学』(1993・丸善) ▽高本進・稲本直樹・中原勝儼・山崎昶編『化合物の辞典』(1997/普及版・2010・朝倉書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアルカリの言及

【あく(灰汁)】より

…陸の植物からとった〈あく〉には主として炭酸カリウムが含まれており,海の植物には主として炭酸ナトリウムが含まれている。最も古くから知られているアルカリであり,アルカリという語も,アラビア語のal‐qalī(灰)に由来しているとされている。 調理上では,植物性食品に含まれ,えぐみ,しぶみ,にがみなどの原因となるアルカリ塩,アルカロイドその他の成分を〈あく〉といい,これらをゆでこぼしたり,前述のあく,炭酸カリウム,炭酸ナトリウムなどで除くことを〈あく抜き〉といっている。…

※「アルカリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アルカリの関連キーワードアルカリ性ホスファターゼアルカリ橄欖石玄武岩系列アルカリ性プロテアーゼアルカリマンガン乾電池アルカリカルシック系列海洋島アルカリ玄武岩アルカリイオン水の日低アルカリソレアイトアルカリ黒雲母花崗岩カルクアルカリ玄武岩アルカリカルク花崗岩アルカリセルロースカルク・アルカリ岩ノゼアン白榴石響岩アルカリガラス繊維偏性好アルカリ菌サブアルカリックアルカリ加水分解強アルカリ玄武岩カルクアルカリ岩

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルカリの関連情報