コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アロケーション あろけーしょん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

アロケーション

ソフトウェアが動作するために必要となるメモリー領域を、OSが確保すること。確保することを、「割り当てる」とも呼ぶ。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アロケーション(allocation)

割り当て。配分配給。特に、予算などの配分法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

アロケーション【allocation】

割り当て。配分。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のアロケーションの言及

【多目的ダム】より

…また発電容量は都市用水容量,灌漑容量と一部重複して使用しうるが,他の利水は相互に再使用できないので別々に所要容量を確保しなければならない。
[建設のコスト・アロケーション]
 多目的ダムの建設に要する費用は,その事業効果を確認し,参加する事業者間に公平に割り当てることが必要であり,これをコスト・アロケーションあるいは単にアロケーションと呼んでいる。アロケーションの手続の原則は,参加事業の効果確認,参加事業者間の負担公平化,参加事業者間の権利関係の明確化である。…

※「アロケーション」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アロケーションの関連キーワードISM(インストアマーチャンダイジング)スタティックアロケーション型スタティックアロケーションライフサイクルファンドウィリアム シャープHFS Plusソフトウェアタスク管理HFS+分散投資資産配分資金配分DPPFAT

アロケーションの関連情報