コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

配給 はいきゅう

3件 の用語解説(配給の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

配給
はいきゅう

物資の供給を政府など公的機関が一元的に行う制度。物資の分配は,生産者から最終消費者まで,価格機能を通して行われるのが資本主義社会における原則である。しかし戦時経済など物資が相対的に不足するときには公的機関が価格,数量を制限し,配給制度に移行する場合がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はい‐きゅう〔‐キフ〕【配給】

[名](スル)
品物などを一定の割合でめいめいに配ること。「食糧を配給する」
統制経済のもとで、特定商品の一定量を特別の機関や方法によって消費者に公平に売り渡すこと。「配給制度」
一定の商品を一定の地域に配布・販売すること。「洋画の配給会社」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はいきゅう【配給】

( 名 ) スル
品物などを割り当てて銘々に与えること。 「食料を-する」
統制経済の下で、不足しがちな物資の流通を統制し、特定の機関を通じて一定量ずつ売ること。第二次大戦の戦中・戦後に行われた。 「 -制度」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の配給の言及

【商業】より

…それは取引が財の商品流通にかかわる現象であり,経済の発展に従って商品流通の経済組織や秩序が大きく変わってくるからである。したがって,商業を取引のために存在するところの企業と認識するこの説のほかに,交換説,再販売購入説,配給説などがある。交換説は,中世の都市経済における個別的な直接交換をとらえて商業とみる説であり,再販売購入説は,18世紀において商行為を専門の業務とする商人活動が盛んになるに至って,商人の再販売のための購入活動をもって商業とするものである。…

※「配給」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

配給の関連キーワード間尺組成定率展観前渡し留置割安恒率乾燥期間身長係数通貨バスケット

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

配給の関連情報