コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンギオテンシノーゲン

1件 の用語解説(アンギオテンシノーゲンの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

アンギオテンシノーゲン

 アンジオテンシノーゲン,レニン基質ともいう.タンパク質で,腎臓の分泌するプロテアーゼレニンによって分解されて,アンギオテンシンIを生成する.これはさらにアンギオテンシン変換酵素によって,血圧上昇効果のあるアンギオテンシンIIを生成する.アンギオテンシンIIは,アミノペプチダーゼの作用によって,アンギオテンシンIIIを生成する.アンギオテンシンIIIはバソプレッシン分泌促進作用をもち,血圧上昇作用がある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンギオテンシノーゲンの関連キーワードアンギオテンシンレニンアンジオテンシンアンギオテンシン変換酵素アンギオテンシン変換酵素阻害剤膵トリプシノーゲン欠損先天性トリプシノーゲン欠損レニン-アンギオテンシン系レニン基質レニン (renin)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone