コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンダンテ・カンタービレ

1件 の用語解説(アンダンテ・カンタービレの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

アンダンテ・カンタービレ

ロシアの作曲家ピョートル・チャイコフスキーの弦楽四重奏曲第1番(1871)の第2楽章。原題《Andante Cantabile》。ウクライナで聞いた民謡の旋律を採り入れている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンダンテ・カンタービレの関連キーワードスペードの女王小ロシアイタリア奇想曲偉大な芸術家の思い出エフゲニー・オネーギンチャイコフスキー、光と影フィレンツェの思い出冬の日の幻想マンフレッド憂鬱なセレナード

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンダンテ・カンタービレの関連情報