コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ア・ブローイング・セッション

1件 の用語解説(ア・ブローイング・セッションの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

ア・ブローイング・セッション

サックス奏者、ジョニー・グリフィンの1957年録音のジャズアルバム。ブルーノート・レーベル。当時のハード・バップの代表的なテナー奏者3人によるブロウ・セッションを記録した作品。原題《Blowin Session》。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ア・ブローイング・セッションの関連キーワードグリュプスゴー怪盗グリフィン、絶体絶命記憶屋ジョニーゲッティン・アラウンドサキソフォン・コロッサス至上の愛ジョン・コルトレーン&ジョニー・ハートマン4 5&6フィンボックス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone