コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ア・ブローイング・セッション

デジタル大辞泉プラスの解説

ア・ブローイング・セッション

サックス奏者、ジョニー・グリフィンの1957年録音のジャズ・アルバム。ブルーノート・レーベル。当時のハード・バップの代表的なテナー奏者3人によるブロウ・セッションを記録した作品。原題Blowin' Session》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android