コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アールベルク[峠] アールベルク

2件 の用語解説(アールベルク[峠]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アールベルク[峠]【アールベルク】

オーストリア西部,フォアアールベルクチロル両州境の峠。ライン川ドナウ川の分水界上にあり,標高1802m。1884年開通の鉄道は最高点1310m,長さ1万240mのトンネルを通る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アールベルク[峠]【Arlberg】

オーストリア西部,チロルとフォアアールベルク両州境の峠。標高1802m。古くからイン川流域とライン川流域を結ぶ最短路として利用されていたが,1884年,峠直下のザンクト・アントンSankt Anton~ランゲン間に全長1万0240mの鉄道トンネルが通じ,東アルプスの東西鉄道交通に重要な地位を占めるようになった。また,1978年には全長約14kmの自動車用トンネルも完成した。付近はアルペンスキー発祥の地で,積雪期間が150日以上にも及ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone