イバノフランコフスク(英語表記)Ivano-Frankovsk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「イバノフランコフスク」の解説

イバノフランコフスク
Ivano-Frankovsk

1962年までスタニスラフ Stanislav。ウクライナ西部,イバノフランコフスク州州都。カルパート山脈北麓,ブイストリッツァ川がドネストル川に合流する地点の近くにあり,鉄道の分岐点。 1662年ポーランドの町として発足し,カルパート越えのヤブロニッツァ峠の北側の出入口にあたるため,交易中心地として栄えた。 1772年オーストリア領,1919年ポーランド領,45~91年ソ連領。木材,家具,食品などの工業が発達している。医学,教育,石油・ガス工業などの大学がある。現市名はウクライナの作家 I. Ya.フランコにちなんでつけられた。人口 22万 6000 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android