イバノフランコフスク(英語表記)Ivano-Frankovsk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イバノフランコフスク
Ivano-Frankovsk

1962年までスタニスラフ Stanislav。ウクライナ西部,イバノフランコフスク州の州都。カルパート山脈北麓,ブイストリッツァ川がドネストル川に合流する地点の近くにあり,鉄道の分岐点。 1662年ポーランドの町として発足し,カルパート越えのヤブロニッツァ峠の北側の出入口にあたるため,交易中心地として栄えた。 1772年オーストリア領,1919年ポーランド領,45~91年ソ連領。木材,家具,食品などの工業が発達している。医学,教育,石油・ガス工業などの大学がある。現市名はウクライナの作家 I. Ya.フランコにちなんでつけられた。人口 22万 6000 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android