コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イボ島 イボトウ

デジタル大辞泉の解説

イボ‐とう〔‐タウ〕【イボ島】

Ilha do Ibo》モザンビーク北東部、インド洋にあるキリンバス諸島の島。17世紀初めにポルトガル人によって砦が築かれ、奴隷貿易の拠点となった。奴隷廃止後に衰退。コロニアル様式の建物が多く残っている。サンゴ礁に囲まれ、マテモ島とともにキリンバス国立公園に含まれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

イボ島の関連キーワードビック ダルチニアン国際バカロレアチャド ドーソンゲンナジー ゴロフキンハシム ラクマンサントーメ・プリンシペインターナショナルバカロレアジャン パスカルサンミゲル島テルセイラ島

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android