コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奴隷貿易 どれいぼうえき slave trade

翻訳|slave trade

6件 の用語解説(奴隷貿易の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奴隷貿易
どれいぼうえき
slave trade

アフリカ住民を奴隷としてアメリカに売込んだ近代ヨーロッパの貿易形態。 16世紀以来新大陸植民地化が進むにつれて,アフリカ黒人を捕獲して植民地の労働力として売ることが始った。アフリカ西岸を基地としてポルトガルスペインがこの貿易に乗出し,17世紀からオランダが割込んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

どれい‐ぼうえき【奴隷貿易】

奴隷を商品として行う貿易。特に16世紀以降、新大陸の植民地開発のための労働力としてアフリカ住民を対象に、ヨーロッパ各国の間で盛んに行われた。19世紀に入り奴隷解放運動が高まるにつれて急速に衰退。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

奴隷貿易【どれいぼうえき】

大西洋奴隷貿易

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

どれいぼうえき【奴隷貿易】

奴隷を対象とする貿易は,奴隷制度の存在するところでは,つねになんらかの意味で存在したということができる。したがって,かつてのイスラム圏や奴隷制をおもな生産形態とした古代社会では,ほとんどのところでそれが見られた。
【古代,中世】
 アリストファネスポリュビオスストラボンギリシアローマ時代の著述家は,黒海北岸から地中海世界へ奴隷が輸出されていたことを記述している。こうした史料によって,黒海北岸のギリシア植民市や南ロシアの諸地域の経済活動は,アテナイを中心とする古典時代前期の地中海世界にとって重要な意味をもっており,その交易を通じて南ロシアとギリシアとが文化的,政治的に密接な関係にあることが明らかとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

どれいぼうえき【奴隷貿易】

奴隷を商品とする国際間の取引。特に、スペインとイギリスが一六~一九世紀に西アフリカの黒人を西インド諸島やアメリカ大陸に輸出したこと。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奴隷貿易
どれいぼうえき

奴隷の売買を行う交易は、奴隷制度を支える不可欠の要素として古代から世界各地に存在していたが、大航海時代以降すなわち近代の奴隷貿易は、もっぱらアフリカ黒人がその対象とされ、西欧、アフリカ、新世界を結ぶ三角貿易の一辺「中間航路」middle passageを構成し、新世界において輸出向け農産物を生産する大農場や貴金属・宝石を採掘する鉱山で使用される労働力の供給を基本的な目的としていたという点で独自の歴史的性格をもつ。
 新世界への黒人奴隷の輸送は、早くも16世紀初頭に始まる。初期の植民者が鉱山労働などで原住民(インディオ)を酷使したためその人口が激減したことに加え、ラス・カサスらによるインディオ虐待の告発を契機に、それにかわる労働力として黒人奴隷が求められたからである。ただし、一般にアメリカ大陸のスペイン領植民地では黒人奴隷はインディオ労働力に対する補完的役割を果たすにとどまったのであって、奴隷貿易の本格的展開を促したのは、16世紀後半から17世紀にかけてのブラジル北東部やカリブ海諸島における奴隷制砂糖プランテーション経済の登場であった。
 奴隷貿易は当初、いち早く「地理上の発見」に乗り出しアフリカ西岸に奴隷集積地を確保していたポルトガル人によって担われた。アフリカに拠点を築けなかったスペインは16世紀末、請負契約「アシエント」によって黒人奴隷の安定供給を目ざしたが、これは18世紀後半まで続いた。しかし、そのほかの西欧諸国は、スペインによるポルトガル併合に乗じてブラジル北東部を支配したオランダをはじめ、自国領植民地での砂糖生産の増大とともに次々と奴隷貿易に進出していった。とくにイギリスは、王立アフリカ会社(1672設立)を軸とした独占事業の試みが行き詰まると、17世紀末からは個人商人の手にゆだねたうえ、1713年ユトレヒト条約でフランスを退けてスペインのアシエントを獲得し、奴隷の販路を自国領植民地以外にも拡大していった。その結果、17世紀にはロンドン、ブリストル、18世紀にはリバプールが奴隷船の母港として興隆すると同時に、イギリス(綿布、銃・火薬、ビーズ玉などの装飾品)→アフリカ(奴隷)→西インド(貴金属、粗糖、綿花)→イギリスという、大西洋を囲む三角貿易の核として致富を遂げたのである。
 こうして17世紀中葉から18世紀にかけ、奴隷貿易は最盛期を迎える。奴隷貿易には密貿易が多く、新世界に輸入された黒人奴隷の正確な総数を把握することは困難であるが、もっとも少ない推計でも約1000万人に上り、そのうちの約3分の1は1761年から1810年の50年間のものといわれる。また全期間を通じた輸入地域別内訳では、ブラジルが約40%、ジャマイカ、バルバドスなどのイギリス領カリブ海植民地とサン・ドマング(ハイチ)、マルティニークなどのフランス領カリブ海植民地がおのおの約20%を占めた。イギリス領北アメリカ植民地の場合、18世紀に入ると、南部でタバコ、米などのプランテーション経済が拡大し、ニュー・イングランドなどの商人も奴隷貿易に参加するようになるが、輸入奴隷数に関する限り、ブラジルやカリブ海諸島のそれには遠く及ばなかった。一方、黒人奴隷輸出の中心地となったのは、現在のシエラレオネ周辺からニジェール川河口付近を経てアンゴラに至るアフリカ西岸とモザンビークであるが、とくに現在のトーゴ、ベナン沿岸部は「奴隷海岸」の名によって、またギニア湾に浮かぶサントメ島は奴隷貿易の一大中継地として有名となった。奴隷貿易業者は普通、ヨーロッパから持ち込んだ商品との交換で奴隷を調達したが、そこに介在したベナン王国、ダオメー王国など現地の黒人王国による奴隷狩りは奴隷貿易が生み出したもう一つの悲惨な側面である。また多数の青壮年人口の流出はアフリカ各地の社会と経済を破壊し、低開発の一因となった。奴隷船の多くは100トン前後の帆船で、そこに数百人の黒人が詰め込まれたため、劣悪な衛生状態や食糧などによって、約5週間を要した航海中の死亡率は10~20%に達したとされる。
 産業革命を迎えた18世紀後半、西ヨーロッパでは自由主義的・人道主義的立場からの奴隷貿易に対する批判が高まった。その先頭にたったのは、クラークソンThomas Clarkson(1760―1846)、ウィルバーフォースらのイギリスの奴隷貿易廃止論者であった。こうした状況のなか、ハイチ奴隷蜂起(ほうき)(1791)、ナポレオン戦争などを契機として、19世紀初頭からデンマーク(1802)、イギリス(1807)を皮切りに主要諸国が奴隷貿易廃止に踏み切った。しかし、19世紀に入って飛躍的に砂糖生産を伸ばしたキューバ、コーヒー生産の勃興(ぼっこう)をみたブラジル南部における奴隷需要が密貿易の横行を招いた結果、海軍までも動員したイギリスによる奴隷船の取締りにもかかわらず、奴隷貿易はなお1860年代初頭まで続くことになった。[鈴木 茂]
『川北稔著『工業化の歴史的前提――帝国とジェントルマン』(1983・岩波書店) ▽E・ウィリアムズ著、中山毅訳『資本主義と奴隷制』(1979・理論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の奴隷貿易の言及

【アフリカ】より

…社会組織も,核家族単位を基本として離合集散するバンド社会から,定住的村落と氏族など親族集団を基礎におく血縁・地縁編成,さらに首長制から王制にまで達した国家もみられた。19世紀以来の植民地化と奴隷貿易は伝統社会をまきこみ,大きく混乱させたが,1960年前後からの新国家の独立は,さらに大きい影響をその生活,社会,文化に与えた。一方では脱部族化が進行するとともに,都市での出身部族単位の協力,連帯がみられ,また部族間の対立が内乱やクーデタを招いたこともあった。…

【コンゴ共和国】より

… ポルトガルの航海者が渡来したとき,すでに南から移住してきていたバントゥー系部族がロアンゴ王国,カコンゴ王国を形成していたが,これらはコンゴ王国の属国であったという。これらの王国はヨーロッパとの奴隷貿易によって繁栄したが,その交易は沿岸の王国と内陸部の首長との間に築かれた〈交易パートナー〉の結びつきに基づいていた。元来,沿岸の塩と内陸の農産物との交易は,この伝統的な交換ネットワークによって行われていた。…

【コンゴ民主共和国】より

…在位1506‐45)はさらに熱心な欧化主義者で,キリスト教に入信し,ポルトガル語を学習し,臣下の高官に爵位を授け,欧風の宮殿を建て,キリスト教会や学校を造り,首都ムバンザ・コンゴをサン・サルバドルと改名したほか,王子をローマ教皇のもとへ派遣するなど,きわめて積極的な欧化政策を採用した。ポルトガル側もこれにこたえて外交使節,キリスト教宣教師団のほか鍛冶屋,石工,煉瓦工,農業技術者などをコンゴ王国に派遣するなど,両国の初期の関係はまことに良好であったが,16世紀に入ってまもなくポルトガル商人による奴隷貿易が本格化したため,この平和的な両国の交流関係は,加害国と被害国の関係へと変化した。アフォンソはたびたびポルトガル王に抗議の書簡を送ったが効果はなく,むしろ奴隷貿易は拡大の一途をたどった。…

【植民地】より

…(3)アジアやアフリカの香料その他の土着産物の調達。(4)アフリカ奴隷貿易の発達。スペインおよびポルトガルが先頭に立ったこの膨張は,アジアにおいては,軍事的優位性に支えられた商業的進出の形態をとり,現地社会が内的構造の変革をこうむることはなかった。…

【奴隷廃止運動】より

…自由主義思想の高まるなかで,主として19世紀前半,イギリス,フランスなどの西ヨーロッパ主要国やアメリカ合衆国で,奴隷貿易および奴隷制の廃止をめざした運動。廃止運動を推進した要因は宗教的・人道主義的なものにとどまらず,経済的・政治的要因が複雑にからみあっていた。…

【ナイジェリア】より

…【端 信行】 1470年にヨーロッパ人としてポルトガル人が初めて,現在のラゴスの地域に渡来し,ベニン王とポルトガル王は使節を交換した。16世紀から19世紀にかけてヨーロッパ商人は,ベニン湾を中心に奴隷貿易を盛んに行い,海岸地帯は奴隷海岸と呼ばれた。1807年のイギリスの奴隷貿易禁止以後も奴隷貿易は実質的に継続されたが,イギリス系商人は当時イギリスで需要が増大しつつあったパーム油の貿易に転換した。…

※「奴隷貿易」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

奴隷貿易の関連キーワード奴隷制社会奴隷解放奴隷制度奴隷制アメリカ南部連合欧州の奴隷貿易とフランスの奴隷制国家的奴隷制総体的奴隷制賃金奴隷制パレンケ(奴隷制)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奴隷貿易の関連情報