コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インアクティブウィンドウ いんあくてぃぶうぃんどう

2件 の用語解説(インアクティブウィンドウの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

インアクティブウィンドウ

マルチウィンドウ環境で、背面に表示されていて、作業できないウィンドウのこと。逆に、前面に表示して作業できるウィンドウは、アクティブウィンドウという。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

インアクティブウィンドウ【inactive window】

コンピューターの操作画面上で、操作の対象外にあるウィンドウ。複数のウィンドウを表示して利用できるマルチウィンドウに対応したオペレーティングシステムにおいて、操作可能(アクティブ)な状態にないウィンドウを指す。⇔アクティブウィンドウ ◇「非アクティブウィンドウ」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インアクティブウィンドウの関連キーワードエラーオペレーターコンボボックスジョイスティックユーザーフレンドリーコンピューターアートハイブリッドコンピューターコンピューターモニタリング全画面表示マイコンピュータ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone