操作(読み)ソウサ

  • そうさ サウ‥
  • そうさ〔サウ〕
  • そうさく サウ‥

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
機械などをあやつって動かすこと。「ハンドルを操作する」「遠隔操作
自分の都合のよいように手を加えること。「株価を操作する」「帳簿を操作する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
機械・器具などを動かして、作業させること。 レバーを-する
自分に都合の良い結果が得られるように手を加える。 帳簿を-して利益を隠す 本来は仕事をする、の意。古くはそうさくとも

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
※漢字国語字典(1892)〈山口仙松〉「操作 サウサ シゴト」
② ある目的のために特定の物を一定の手順で動かすこと。特に、器具や機械などを動かして作業すること。
※海に生くる人々(1926)〈葉山嘉樹〉一五「綱の操作をしてゐる二人の水夫」
※道路交通法(1960)二条「十四、信号機 人力又は電気により操作され」
③ 物事をある状態になるように、あやつること。特に、自分の都合のよいように手を加えること。「株価を操作する」
※三とせの春は過ぎやすし(1973)〈杉浦明平〉一「平均点六〇点になるように操作してくれたようで」
[語誌](1)幕末、明治期には、「操作」は多く「そうさく」と読まれ、意味も「はたらくこと。労働すること」であった。
(2)大正から昭和にかけて、機械などを動かして作業するという新たな意味を派生し、読みもソウサに固定したと思われる。
〘名〙 仕事をすること。はたらくこと。また、仕事。労働。そうさ。
※輿地誌略(1826)八「本土人は敏捷にして、操作に勤むと雖も、顔貌黒醜、習俗賤陋なり」
※造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉六「其手亦操作(サウサク)する所の業に随ひ」 〔後漢書‐梁鴻伝〕
[語誌]→「そうさ(操作)」の語誌

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

操作の関連情報