イングラージバーザール(英語表記)Ingrāj Bāzār

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イングラージバーザール
Ingrāj Bāzār

別称イングリッシュバーザール English Bāzār,アングレザーバード Angrezābād。インド北東部,ウェストベンガル州中東部の町。バングラデシュ国境に近く,マハーナンダ川西岸に位置。 1676年イギリス東インド会社の絹交易地となり,オランダ人,フランス人も居住地を設けた。現在も絹,農産物交易の中心地。養蚕場が近郊にある。人口 13万 9018 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android