コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イーシュバラ Īśvara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イーシュバラ
Īśvara

インド神話における自在神,世界創造をなしとげる主宰神。シャンカラは,このイーシュバラはブラフマン無明の制約を受けて成立したとする。ヒンドゥー教においては,しばしばシバ神大自在天 Maheśvaraと称し,仏教に取入れられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のイーシュバラの言及

【ウッディヨータカラ】より

…バイシェーシカ学説に由来する6種の接触説を直接知論に導入,推理については証因の反省がその手段であると定義するなどして五分作法の再確立を図った。シバ派の一派,パーシュパタ(獣主派)であるとも自称し,主宰神(イーシュバラĪśvara)の存在証明の整備に着手した。【宮元 啓一】。…

【ヨーガ学派】より

…この経典は,古くからさまざまな形態で存在していたヨーガを,仏教の影響のもとに,サーンキヤ学派の学説を借用して体系化したものである。サーンキヤ学説と違うところは,サーンキヤ学説では区別されている統覚機能(ブッディ),自我意識(アハンカーラ),思考器官(マナス)を,一括して心(チッタcitta)と称することが多い点,また,サーンキヤ学説では認めない最高神(イーシュバラīśvara)を認める点にある。そこで,ヨーガ学派は,ときとして有神サーンキヤ学派と呼ばれることがある。…

※「イーシュバラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イーシュバラの関連キーワードバーチャスパティミシュラサーンキヤ・カーリカーイーシュバラクリシュナウッディヨータカラアビナバグプタサーンキヤ学派バーツヤーヤナチャイタニヤ観世音菩薩ヨーガ学派インド神話ウダヤナ金七十論二十六諦シバ派

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android