ウィリアムソン反応(読み)ウィリアムソンはんのう(英語表記)Williamson reaction

世界大百科事典 第2版の解説

ウィリアムソンはんのう【ウィリアムソン反応 Williamson reaction】

ハロゲン化アルキルまたはジアルキル硫酸によってアルコキシドまたはフェノキシドをアルキル化してエーテル類を合成する反応。 RONa+R’X―→ROR’+NaX C6H5ONa+R2SO4 ―→C6H5OR+NaRSO41852年,イギリスのA.W.ウィリアムソンによって発見された反応で,エーテル類の簡便な好収率の反応として知られている。【友田 修司】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android