コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィリアムソン反応 ウィリアムソンはんのう Williamson reaction

1件 の用語解説(ウィリアムソン反応の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウィリアムソンはんのう【ウィリアムソン反応 Williamson reaction】

ハロゲン化アルキルまたはジアルキル硫酸によってアルコキシドまたはフェノキシドをアルキル化してエーテル類を合成する反応。 RONa+R’X―→ROR’+NaX C6H5ONa+R2SO4 ―→C6H5OR+NaRSO41852年,イギリスのA.W.ウィリアムソンによって発見された反応で,エーテル類の簡便な好収率の反応として知られている。【友田 修司】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウィリアムソン反応の関連キーワードアルキル化アルキル化剤アルキル基アルキル水銀アルキルベンゼンスルホン酸塩ハロゲン化物アルキルアルキルベンゼンハロゲン化銀グリニヤール反応

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone