コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィルソン,Alexander うぃるそん

世界大百科事典内のウィルソン,Alexanderの言及

【黒点】より

…また黒点が群をなして定まった緯度帯に現れることを見つけている。
[ウィルソン効果]
 近代観測が始まって約150年たった1769年に,A.ウィルソンは黒点が太陽の縁近くにあるとき,太陽の中心側の半暗部が縁側よりも狭くなったり,ほとんど見えなくなることを見つけ,これは黒点がまわりよりも低くくぼんでいるためと考えた。現在の測定ではこのくぼみは500~1000km程度とされている。…

※「ウィルソン,Alexander」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウィルソン,Alexanderの関連キーワードアレクサーンドル ワシレフスキーアガシー(Jean Louis Rodolphe Agassiz)ベルイマン(Ingmar Bergman)ペルー海流リース(Jacob August Riis)アレキサンダー・F. ヒュームフンボルトリットンアレキサンダー島ラテライト

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android