コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィルビウス Virbius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィルビウス
Virbius

古代イタリアの神。ラテン都市アリキア近郊のネミの森の中でディアナ女神とともに祀られた。この森に馬を入れることが禁止されていたところから,ヒッポリュトスと同一視される。ヒッポリュトスは,ギリシア神話の英雄で,医神アスクレピオスによって復活させられ,アルテミスと同一視されるディアナによって,神としてこの森に住むことを許されたとみなされるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のウィルビウスの言及

【ヒッポリュトス】より

…この物語はエウリピデスの悲劇《ヒッポリュトス》(前428年に上演され,作者は優勝をかちえた)でもっともよく知られるほか,哲人セネカの悲劇《ファエドラ》,近代ではフランスの劇作家ラシーヌの《フェードル》にも扱われた。 また別の伝承では,ヒッポリュトスはアルテミスの願いにより医神アスクレピオスの手で蘇生させられたといわれ,これをうけたオウィディウスその他のローマ詩人は,彼はその後ディアナ(アルテミスにあたるローマ神話の女神)によってラティウム地方のアリキアの聖林に運ばれ,ウィルビウスVirbius(2度生きる者)の名のもとに女神に仕えたと語っている。ヒッポリュトス伝説発祥の地はおそらくトロイゼンであったと考えられているが,同地には彼の神殿があり,毎年,終身職の神官が犠牲を捧げた。…

※「ウィルビウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ウィルビウスの関連キーワードヒッポリトス(ギリシア神話)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android