ウェイバー(読み)うぇいばー

M&A用語集の解説

ウェイバー

債権者による自発的権利放棄。一般にコベナント (財務制限条項) の救済措置として利用される。財務指標基準値を一時的に外れたりした場合など債権者がウェイバーに調印し、債務者を救済する場合がある。

出典 株式会社ストライクM&A用語集について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウェイバーの関連情報