措置(読み)そち

精選版 日本国語大辞典「措置」の解説

そ‐ち【措置】

〘名〙
① 判断を下して、その物事をとりはからうこと。
※童子問(1707)下「其智亦膚浅隘陋、動失措置
経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「我々が国人の命を奉じて此の二年間に施行せる措置を報告すれば」 〔新唐書‐陸伝〕
② 身を安らかにしていること。また、物事をそのままにうちすてておくこと。
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉二「戎夷恣に猖獗(しゃうけつ)なせども幕吏これを措置(ソチ)するが故に天下騒然として」 〔後漢書‐光武十王伝・東平憲王蒼〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「措置」の解説

そ‐ち【措置】

[名](スル)
事態に応じて必要な手続きをとること。取り計らって始末をつけること。処置。「万全の措置をとる」「適当に措置する」
安んじていること。また、物事をそのままに打ち捨てておくこと。
「夷艦渡来の後…幕吏これを―するが故に天下騒然として」〈染崎延房・近世紀聞〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「措置」の解説

【措置】そち

処置する。安んずる。〔後漢書、光武十王、東平憲王蒼伝〕陛下りて下臣に禮し、(つね)に讌見を賜ふ、~臣惶怖(くわうふ)戰慄し、に自ら安んぜず。會見するに、(しゆくせき)として措置する無し。此れ~臣子を安んずる以(ゆゑん)に非ざるなり。

字通「措」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android