ウェルニッケ中枢(読み)ウェルニッケちゅうすう(英語表記)Wernicke's area

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェルニッケ中枢
ウェルニッケちゅうすう
Wernicke's area

感覚性言語中枢ともいい,言語中枢のうち聞いて理解し記憶することを司る部位。発見者 C.ウェルニッケにちなんで名づけられる (1874) 。左側大脳第1側頭回転後部を中心とする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のウェルニッケ中枢の言及

【ウェルニッケ】より

…精神神経疾患について精神反射弓の理論(感覚→精神内界→運動)を用いて研究し,脳病変の局在学を重視した。失語症の分類図式(ウェルニッケ=リヒトハイムの図式)を作り,感覚失語の病巣(左側頭葉,ウェルニッケ中枢)を決定した。アルコール中毒のウェルニッケ脳炎でも有名。…

※「ウェルニッケ中枢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android