言語中枢(読み)げんごちゅうすう(英語表記)speech centres

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

言語の理解と生成とを司る大脳の部分。大の左半球に,話すための筋肉運動の統合を行う前言語野と上言語野,言語理解を司る後言語野がそれぞれ設定されている。前言語野は 1861年にフランスの P.ブローカが設定した左半球第3前頭回 (→ブローカ中枢 ) に,後言語野は 74年にドイツの C.ウェルニッケが設定した左半球の上側頭回と中側頭回後部 (→ウェルニッケ中枢 ) に,それぞれほぼ相当する。上言語野はカナダの W.ペンフィールドが設定したもので,補助的な役割を果していると考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

大脳皮質において言語知覚および言語運動を支配していると考えられる領域。聞いた声や書かれた文字を言語として理解するのに働くウェルニッケ中枢,発語筋の運動の制御に働くブローカ中枢などが知られるが,実際には言語中枢は限られた場所に局在するというより,大脳皮質の広い範囲が関係していると考えられている。→言語障害失語症

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

言語活動をつかさどる脳の中枢。普通、左大脳半球にあり、言語を理解する感覚性言語中枢と言語を話す運動性言語中枢、および補足言語中枢の三つが重要。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

相手の話すことばや文字で書かれたことばを理解したり、自分の伝えたいことをことばや文字で表現する言語機能をもつ場所を言語中枢といい、大脳皮質の特定の部位にある。言語中枢は、右利きの人の大部分、左利きの人でもその3分の2が左大脳半球シルビウス溝を挟む周辺にある。古くから運動性言語中枢(ブローカ中枢)、感覚性言語中枢(ウェルニッケ中枢)、視覚性言語中枢(角回(かくかい))が重視されてきた。
 ウェルニッケWernicke中枢は側頭葉の上側頭回後部にある。耳や目から入ったことばの意味を理解することに関与し、弓状束を介してブローカ中枢に連絡する。ブローカBroca中枢は大脳皮質運動野下端の前方に近接した下前頭回後方にある。ウェルニッケ中枢から受けた情報を処理して、意識の内容に対応することばを声として出すため、口唇、舌、口蓋(こうがい)、喉頭(こうとう)などの運動をつかさどる運動野に指令を送っている。したがって、これらの言語中枢に障害があれば、いろいろなタイプの失語症がみられる。
 このほか、言語中枢については、限定された部位よりも、より広い領域を含めて考える見方がある。すなわち、前言語中枢(ブローカ中枢)、後言語中枢(角回や縁上回などを含む広義のウェルニッケ中枢)に、上前頭回内側に位置し前言語中枢に補助的な働きをしているとされる上言語中枢を加え論ぜられることも多い。言語活動は思考や判断などの精神活動と密接な関係にあるので、言語機能は脳の限られた特定の部位で営まれるのではなく、脳全体の精神機能であるとみる立場もある。[海老原進一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 大脳皮質において言語を話し理解する中枢。狭義には、直接的に作用するという考えから感覚性言語中枢(ウェルニッケ中枢)、運動性言語中枢(ブローカ中枢)など比較的限定された部分をいう。広義には言語活動に関係する聴覚領、視覚領、運動領を含めていう。言語中枢の病変は失語症などの言語障害を起こす。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

言語中枢の関連情報